婚約指輪と言えば、ダイヤモンドですね。

ダイヤモンドを選ぶ基準として4Cというものがあります。

4Cとは、カットCUT、カラーCOLOR、クラリティCLARTIY、カラットCARATの略です。

まずカットについてですが、ダイヤモンドはカットの方法次第で、より輝きを放つことがあります。

それで石がもっている良さを最大限に引き出すには、カットが大事な役割を果たしているというわけです。

最高品質のものは、エクセレントexdellentで、婚約指輪としてよく販売されているグレードです。

次に、カラーについてご紹介しましょう。

ダイヤモンドにも色がついているものがあり、最高級のものは無色ですが、中にはわずかな黄色や薄い黄色のものがあります。

婚約指輪のダイヤとして選ばれるものは、やはり無色で最高レベルのものはD,次にE、Fと表示されます。

次に、クラリティーにつてですが、これはダイヤモンドの中に傷や異物がないかどうかです。

ダイヤモンドは天然石ですので、多かれ少なかれ中に傷があるものです。

これを内包物といいますが、内包物がなく無傷でルーペで見ても見つからない最高レベルのものはFLと表記されます。

しかしこのレベルのものは希少価値が高いでしょう。

それで、婚約指輪には、ルーペで見ても内包物の発見が困難なもの、VVSと表記されるものか、または、ルーペで見て内包物が多少困難のもの、VSのものが選ばれます。

最後にカラット、これはダイヤモンドの重量を指します。

婚約指輪にはやはり大きなダイヤモンドが選ばれているようです。

《注目記事》ダイヤモンド の4Cについて|ダイヤモンド・ミュージアム